1. トップページ > 
  2. 言語聴覚士になるには

言語聴覚士になるには

病気もしくは事故などに起因する障害のため、または知的発達障害における言語発達の遅れや、認知症による影響によって、言語を発したり、発声、発音することに支障が生じた患者山に対して、一般的な言葉によるコミュニケーションが取れるようにサポートし、指導していくのが言語聴覚士の仕事となります。言語聴覚士は英語ではSpeech-Language-Hearing Therapistと呼ばれており、これを略してSTと称されるようになっています。

言語聴覚士は言語に関するリハビリの専門職になります。その守備範囲は単に言葉にとどまらず、摂食行動や、コミュニケーションまでサポートすることとなります。理学療法士や作業療法士と並ぶリハビリ職として有名な存在ですが、作業療法士や理学療法士よりもさらに狭い領域でより深い専門性を発揮している職業となっているのが大きな特徴です。
言語聴覚士の主要な職場の一つとして医療施設があげられます。医療の現場の中では、口腔外科、耳鼻科、リハビリテーション科という領域が多くなります。 患者さんに対するリハビリはメインの業務になりますが、検査や、口腔の機能評価を担当するケースもでてきています。最近ではリハビリという領域のみならず、子供の発達のための言葉の発し方や食事のとり方などにも言語聴覚士が関与することも多くなってきており、社会的なニーズはリハビリからさらに幼児教育などの世界に拡大しつつあります。

言語聴覚士は力を必要としないリハビリ職ですから女性の職員が多い専門職となっています。言語聴覚士の場合、力の代わりに細かな発音や、口の動き、また動作などをきめ細かく分析していくことになります。普通の人では見過ごしてしまうことや聞き逃してしまうことについても詳細を気づいていく能力を求められることになります。そういう意味ではかなり繊細な職業ということができるのです。 またしゃべるという行為に関するリハビリは想像以上に成果の出にくいものになりますので、短期的な効果に期待するだけではなく、しっかりと患者さんと向き合って意思の疎通をはかりながらしっかりとコミュニケーションをとり、信頼感を高めるという努力をしていくことも必要になるのです。とくに病気などで声帯を失ってしまった人の場合ですと、そのショックは周囲の想像をはるかに超えることになり、しかも回復の見込みがないと思えば自暴自棄になるケースすら起こりうるわけです。これをなんとか日常生活に復帰できるように回復させる作業をしてもらうというのは並大抵のものではありません。いかに相手の気持ちによりそうことができるかが、リハビリの作業を担当することよりも数段難しく重要なことになってくるのです。したがってとにかく諦めない、粘り強さと信頼をかちとるため真摯に患者さんや対象者に接していく姿勢というものが重要になるのです。

言語聴覚士になるためには、国家試験を受験し、合格することで取得できる資格ですが、これまでに累計で2万4000名弱がこの資格を保有しており、そのうちのほぼ1万2000人ほどが言語聴覚士として働いています。1999年に新設された国家資格であるため、理学療法士や作業療法士の実数を比べますとまだまだかなり少ないことがわかります。

この受験資格を得るためには、言語聴覚士の養成課程がある大学や短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了していることが必要です。最近では、言語聴覚士を養成する学校は増加傾向にあり、全国的にあります。したがって、無駄のない進路を考えるのであれば、いったん普通の大学に入って卒業してから、また2年こうした養成校に通うのではなく、最初から言語聴覚士の養成課程のある大学、短大、専門学校を選択することがショートカットで言語聴覚士になる道となるのです。こうした国家資格は合格枠があるのではなく、あくまで得点が合格点に達して取得できるものとなりますから、人との競争ではなく、自分との戦いになることは間違いありません。その合格率は直近の平成26年で70.9%であり、ほかの理学療法士や作業療法士の国家試験合格率に比べますと例年低くなっているのが特徴です。特に難易度は年度ごとにばらつくことがあり、難しい年には50パーセント台の合格率になるといった厳しいこともあります。試験は年に一回しか実施されませんから、相当早くからしっかり準備をしておきませんと付け焼刃では簡単に合格できない資格となっているのです。

高校卒業直後に将来の職業のことまで明確に目標をもって学校を選ぶというのは最近の若者にとってはなかなか難しいことといえますが、こうしたリハビリ系の国家資格専門職は思いつきだけで受験できるようなものではなく、ほとんどが3年以上の長い年月をかけてしっかりと知見を積み上げてくることを受験要件としてきていますので、とにかく早くに目標設定ができるかどうかが重要なポイントになっているといえます。早くから明確な目標意識をもった人がいち早くこの職種をスタートさせることができるというわけです。

コンサルタントに希望を伝え、好条件求人や公開されていない求人を紹介してもらう方はこちら コンサルタントに相談する
PAGE TOP