1. トップページ > 
  2. 作業療法士の仕事内容

作業療法士の仕事内容

作業療法士は英語ではOccupational Therapistと呼ばれ、略号ではOTとも呼ばれる仕事です。理学療法士とともに患者さんのリハビリを行うことが基本的な仕事となりますが、理学療法士と大きく異なるのは身体的のみならず精神的なリハビリの領域になりますので、より守備範囲の広い療法士の仕事ということができます。

身体的なリハビリでは文字通り動かなくなってしまった関節を動くようにしたり、筋肉の動きを盛んにして発達させたりといったものになりますが、精神的なリハビリでは、気持ちの持ち方を変えたり、気分を転換させるなど、まさに心の問題に入って行って生活を変える働きをすることが求められるのです。

作業療法で扱っていく訓練は日常生活がしっかり行えるようになるためのものが主体であり、料理をしたり選択をしたり掃除をしたりといった実に日常的な動きから、趣味に近いところで織物をつくったり木工の制作をしたり、園芸をしてみたりと多岐にわたるものをプログラムに取り入れていくことが求められます。もちろんプログラム化にあたっては専門の医師とも相談をしながら考えていくことになりますが、日常的にもっとも患者さんや対象者さんと設定しているのは、作業療法士ですから、より興味を高め効果のあるプログラムを日常的なコミュニケーションの中から見つけ出すことが重要な仕事になるのです。

そのためには特別なことではなく日常的に行われることをしっかり分析し、さらに効果的な形になるように変化をもたせ、訓練に積極的に取り入れていくといったアイデアが重要になってくるのです。また、なによりも対応する相手である患者さんなどといかにしっかりコミュニケーションをとり、相手の気持ちを思いやりながら対応できるかも大きなポイントとなります。実際にプログラムをこなしていく患者さんや対象者さんからしっかりとした信頼を得られなければ、何も成果を出すことができませんから、プログラムを開発すること以上に向き合う相手と心が通い合うかどうかが非常に重要になってくるのです。状況によっては一旦作成したプログラムを再度実情にあうように修正していくことも必要になりますし、すべてはリハビリを行う対象者がもっとも納得がいって、前向きにその作業ができるようになるかどうかにかかっているといえるのです。多くの作業療法士はそのことをしっかり理解して、患者や対象者を向き合う時間を大切にしています。すべてはその時間とコミュニケーションから作り出されることになるのです。 ある意味では非常に神経を使う仕事になりますが、その一方で意思の疎通がしっかり実現し、確実な成果をだすことができ、患者のやる気や笑顔、希望といったものを引き出すことができたときには非常に大きな満足感の得られる仕事となるのです。これは作業療法士の仕事ならではの醍醐味といえるものです。

作業療法士が活躍する現場は日々広がりを見せており、様々な施設に勤務する作業療法士が増えていることがわかります。
まず身体障害領域では、大学病院やリハビリテーションセンター、身体障害者更正・療護施設、身体障害者福祉センター、保健所、保健センター、職業センターなどが主な勤務場所となります。
また老年期障害の領域では、療養型医療施設、老人保健施設、在宅介護支援センター、当別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、訪問看護ステーション、訪問リハビリテーションなどが主な勤務先となります。

ここまで見てきても、かなり幅広い施設に従事することがわかり、その対象者に合わせて仕事の仕方を変えていくことが求められることになります。 さらに作業療法士ならではの領域としては、発達障害領域があげられます。小児病院や重症指針障害児施設などの児童福祉施設、養護学校、幼稚園、保健所など、子供の目線でその対象者と向きあうことも必要になり、かなり難しい仕事になってくるのです。

また精神障害の領域では、精神科病院、精神保健福祉センター、精神障害者社会復帰施設、精神障害者小規模作業所などが勤務先となってきます。
このように誰を対象として、どのような目的のために作業療法を行うかによって、同じ仕事でありながらまったくことなるアプローチやプログラムの開発、運用にあたらなくてはならないのが作業療法士の仕事なのです。

人との向き合いで実現する仕事ですから、作業療法士自身が毎日の仕事の中でしっかりとした気づきを積み上げていくことができれば、かなりクリエイティブな仕事を実現することができます。具体的には身体機能の向上だけではなく、高次脳機能の向上や生活技能の向上や、社会技能の向上など実に多岐に渡る領域についてプログラムを作成して、成果をあげていくことができるようになるのです。決められた枠組みにとらわれずにかなり自由に仕事を作り出していくことができるのも作業療法士ならではの仕事の魅力といえます。想像以上に難しい仕事ですが、それだけにやりがいもある仕事が作業療法士なのです。

コンサルタントに希望を伝え、好条件求人や公開されていない求人を紹介してもらう方はこちら コンサルタントに相談する
PAGE TOP