1. トップページ > 
  2. 理学療法士のやりがい

理学療法士のやりがい

理学療法士は事故によるケガ、病気などの様々な理由で体に障害を抱えてしまった人に適切なプログラムでのリハビリを施すことにより状況の改善を促すことになるのです。もちろんすべての患者さんが完全に機能を回復させられることはありませんし、事故にあって精神的なダメージを受けた患者さんの場合、満足にリハビリをスタートさせられない方もたくさん存在しますので、理学療法士自体がどこにやりがいを求めるかというのは、想像以上に難しい問題をはらんでいるといえます。

しかしこの仕事は人と向き合い、信頼感を構築して相手が希望をもってプログラムに取り組むようになること、つまり前向きに将来に対して希望を持つことを回復してもらうことができるのがもっとが重要であり、多くの理学療法士はこの部分にやりがいを感じているといいます。リハビリによる成果よりも、患者さんが前向きになってくれることこそが最大のやりがいということになるのです。

そのためには理学療法士自身が患者さんからしっかり信頼されることが必要になります。相手の気持ちや心の動きといったものをしっかり察してあげて寄り添うことができるかどうかが大きなポイントになるのです。
将来に絶望することほど、人のやる気を削いでしまうことはありません。障害を背負ってしまったり、体をうまく動かすことができなくなってしまった人の多くはこうした絶望的な状態に取り残されることになります。しかし家族といえどもこうした状態から患者を救うことはかなり難しくなります。
この状況をいかに患者さんと向き合うことで改善させられるかが理学療法士にとっての大きなチャレンジとなるのです。患者さんの気持ちやモチベーションといったものを変えることができれば、身体的な改善の成果がでるよりもかなり大きな意味をもつことになるのです。

患者さんのみならず、家族の方々とのコミュニケーションを大事になります。一家の大黒柱が大ケガしてしまったり、大きな障害を負ってしまった場合、ケガをした本人以上に絶望の淵に立たされるのは、実は家族であるケースが多いのです。 患者さんとともに家族の方に希望の光をともしてあげられることができたとき、理学療法士にとっても大きな充実感が得られることになるのです。
リハビリというのは先の長いものになります。事故や病気などで障害をもつことになってもとにかく生活できるように復帰できるようにするのが理学療法士の仕事で、さらにそこから本格的な社会復帰をするとなれば作業療法士にバトンタッチして長いリハビリの道を歩んでいくことになるわけですから、患者さんの回復をやりがいにするのは非常に難しいことになってしまいます。
したがって、体の問題よりも気持ちの問題によりそうことで充実感を得ていくことがはるかに重要になってくるといえるのです。
多くの理学療法士は、その仕事のやりがいを言葉では単純に表せないものであると答えています。つまりそれだけ日々の患者さんとの向き合いの中にやりがいや生きがいといったものを感じているということを示唆しているのです。サポートをしている患者さんが歩けるようになったとか、回復して退院することができた、できなかったことを少しでもできるようになった瞬間にいいしれない感動や生きがい、やりがいといったものを感じるようになっているのです。少しでも成果がでたとき、自分の考え方が正しくよい結果にみちびくことがでたことに達成感を感じ、まるで自分のことのように喜びを感じることができていることがわかります。こうしたやりがいを感じること自体が理学療法士として仕事をしていく上での魅力となっているといえるのです。

これから理学療法士になろうとする人は、こういう感性を見いつけていることが重要になるのです。理学療法の実施を通じて自分自身人間として成長できたと感じることが仕事への自信につながり、つぎなるステージへと自分を高めていくおきなモチベーションになっていくのです。
もちろん、理学療法士が想定したとおりに患者さんの治療が進まない、状況が改善しないということはたくさんありますし、むしろそのほうが多いぐらいのこともありますが、そのプレッシャーに負けない精神力と、さらに前向きに患者さんに向き合っていく我慢強さが重要になるのです。理学療法士自身があきらめてしまっては何の意味もなくなってしまいます。そうした姿勢は当然患者さんにも伝わるもので、患者さんのモチベーションにも影響してしまいます。どんな事態に陥っても常に前を向いて改善にむけてひたすら尽力するという姿勢が周囲を動かすことになるのです。理学療法士の仕事は、現代医療だけでは語れない、目に見えない力を提供することもその大きな業務になっているのです。患者さんから絶大な支持をえている理学療法士はそうした見えない部分で大きな努力を払い、成果を得ているという事実を忘れてはいけません。

コンサルタントに希望を伝え、好条件求人や公開されていない求人を紹介してもらう方はこちら コンサルタントに相談する
PAGE TOP