1. トップページ > 
  2. 理学療法士になるには

理学療法士になるには

総合病院やリハビリテーションセンターなどの専門機関において、ケガや病気などにより体に障害が発生してしまった人や、体の一部の機能を失ってしまった人、今後障害が予測される人などを対象として、座る、歩く、立つなどの人の基本動作能力を回復させたり、維持させたりする療法のことを理学療法と呼んでいます。この理学療法には医療器具や訓練器具を使って体を動かし機能回復をはかるリハビリテーションを行っていく運動療法に加え、温熱や電気、光線、マッサージなど物理的な働きを利用する物理療法があり、治療の対象となる人にあわせて医学的、あるいは社会的な視点から最も適切なプログラムを作成していく必要があります。こうした治療対象者に合わせた回復プログラムを作成し、実際に責任をもって患者さんと向き合い、リハビリや治療を実行してくれるのが理学療法士の仕事になるのです。

理学療法士は人が体を動かすときの専門家といえる存在で、人が日常生活を送る上で基本となる動作がしっかり行えるように改善をはかるのが大きな仕事になります。具体的な改善にあたっては、関節の可動域の拡大や、筋力の強化、麻痺部分の回復、痛みの軽減に加えて、動作練習や歩行訓練など実に多岐にわたる領域にすいて必要な技術を用いて日常生活の自立を実現することになるのです。 そのため理学療法士には多くの知見と経験が要求されるものとなります。

対象となる人たちも様々で、高齢者を対象とした健康を維持するための身体運動のアドバイスや、寝たきりになっている人を対象にしての寝食を分けて人間らしい暮らしができるようにする支援、さらに障害者で在宅生活をはじめて方に対する理学療法の提供や、障害のあることもたちが成長する過程でのサポートなど、実に多岐にわたる仕事をこなすことになるのです。さらに近年では、心疾患、糖尿病などの内科的治療や健常者の健康増進、スポーツ医学の領域にまで理学療法が入り込むようになってきており、想像をはるかに超える範囲へと理学療法が利用されるようになってきているのです。

理学療法士は、人体やリハビリテーション医学について専門の知見と適切な治療方に関する能力を有している必要があるのは当然ですが、さらに患者さんとの意思の疎通をはかることのできるコミュニケーション能力を身に着けていることも重要になります。患者さんは身体的な問題とともに精神的にも大きなダメージを受けていることが多いわけですから、患者さんに寄り添ってご本人を自らやる気にさせることができなくてはなりません。人と向き合い、しっかりとした信頼を得てリハビリの行えるプロである必要があるのです。

理学療法士はフィジカル・セラピスト(Physical Therapist)の英語の略号からPTなどとも呼ばれています。この理学療法士になるためには国家資格に合格する必要があり、この免許を保有していませんと理学療法士を名乗ることはできないのです。現在理学療法士は総合病院だけでなく、専門のクリニック、介護保険関連施設等に勤務しており、その活動エリアはさらに大きく広がりを見せるようになっています。たとえば高齢者や介護者が快適に暮らせる住宅環境の整備や開発、自動車や緊急時の通信システムなど、生活の様々な領域の改善に理学療法士が情報提供をしたりするようになってきているのです。

理学療法士の国家試験受験資格は、高校卒業後、国が指定する専門学校や大学・短大などの理学療法士養成施設で3年以上にわたり必要な知識や技術の修得を済ませることが受験資格となりますので、独学で勉強して取得できる資格ではありません。しっかりと適切な学校を選択して指定期間勉強することがきわめて重要になってくるのです。

理学療法士の養成校で学ぶカリキュラムは大きくわけて4つに分かれます。一般教養科目、専門基礎科目、専門科目、臨床実習の4種類となりますが、養成校は現在では実に様々に存在しており特色もそれぞれに異なりますので、自分が働きたい場所に近い実習先などを用意しているところを選択すると夢が実現しやすくなります。養成校の選択も理学療法士を目指すときには重要になるというわけです。理学療法士の国家試験は2月に年間1回だけ行われることになりますので、しっかりと予定を立てて計画的に資格を取得していくことが肝要となります。 さらに作業療法士の資格を取得している場合には、養成校で2年以上学べば理学療法士の受験資格を得ることが可能になります。また海外でこうした養成校を卒業したり、海外での理学療法士の免許を取得している人は所定の手続きさえして厚生労働大臣の認定を受ければ養成校に入ることを免除されたり、不足単位だけ修得すればいいなどの優遇措置も設けられています。

このように、理学療法士は、強い意志をもち専門機関で定められた期間必要知識や技能を修得し、その後に国家試験に合格することにより免許を与えられて実現することのできる仕事ということになるのです。

コンサルタントに希望を伝え、好条件求人や公開されていない求人を紹介してもらう方はこちら コンサルタントに相談する
PAGE TOP